ジャンガリアンハムスター パールホワイト 噛まなくなりました。

スポンサードリンク

ジャンガリアンハムスター、
パールホワイトのパール。
産まれて、4ヶ月くらい。
我が家に来て、3ヶ月くらい。
人の手を噛まなくなりました。
我が家へ来た当初は、
ワサワサ、ソワソワ。
手を出すと、構わず噛みにきます。
最初は家に来たお客さんが噛まれ、
次にゲージ掃除のための移動時に、
私が噛まれました。

傷は普通の傷ではなく、
引っかかりやすい傷だったので、
絆創膏は必須。
治るまでに、時間がかかりました。
そんなこともあって、
それ以降は、
私も、子供達も、おっかなびっくり。
手袋をしたり、
噛まれぬ様に、世話をしてきました。
でも、子供の友達のママさん、
Rママは違いました。
Rママは動物好きで、
常に昔の番組ムツゴロウ王国の
ムツゴロウさんの様に、
パールに接してくれます。
「噛まれるのは怖くない。」
と、ナウシカにも重なります。
常に積極的にスキンシップをとってくれました。
R親子が遊びに来てくれたある日、
Rママは言いました。
「もう、噛まないよ。」
我が家にとって、(臆病者親子)
パールが噛まなくなった瞬間でした。
本当に、噛まなくなりました。
我が家に来てから、3ヶ月。
積極的なスキンシップがとれる様になりました。
Rママありがとう。
子供は大喜び。
パールにとって、
良かったんだか、悪かったんだか、
毎日のようにゲージからだしては、
よしよし、すりすり。
気がつけば、
人形の服を着せていたり、
さすがに可哀想だと注意しますが、
パールもまんざらでもないように見えるのは、
気のせいでしょうか?

 

まわるまわる ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です