漫画 死役所 シ村の過去

スポンサードリンク

 

漫画 あずみきし 「死役所」
が10月からドラマ化されますね。

原作の漫画は全部読んでいます。

でもって、続きが気になって、待ちきれず、今は毎月20日に発売される月刊バンチを心待ちにしているありさま。

「死役所」は読んで字のごとく死を迎えた人が訪れる役所。

ここでは、様々な人が様々な人生を終えてやってきます。

シ村さんはそこで、ニッコリとした表情を崩さず、

「お客様は仏様ですから。」とスタンスを変えず、仕事を続けています。

そのスタイルにイラッとくる人も多々あり。

救われる人もあり?

そのシ村さんの過去にスポットをあてた話が、今、月刊バンチで続いています。

以下ネタバレ的です。

シ村さんの過去。

幼い娘さんが何者かによって、殺される。

親としては、耐えられない状況です。

そして、そんな状況なのに殺人容疑はシ村自身にむけられる。

それは、なぜか?

娘さんが偏食のため、土や絵の具しか口にしておらず、死体解剖の結果、虐待が疑われたのです。

絵の具、土しか食べない???😰

 

この辺りは深く触れずにいきたいと思います。

一つ一つの話が、ありそうで、決してハッピーエンドではないのですが、考えさせられる漫画です。

日常生活の中でもたまに、

「あっこういう話、死役所であったな。せつないな。」と思う時もあります。

人の心に深くつきささる漫画です。😢

まわるまわる ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です